ピラティスと向き合う元コギャルさん


レッスン前カウンセリングで、「以前、運動とか何か身体を動かすことをされていましたか?」の質問に「コギャルやってました(笑)!」と、お答えになられたお客様が「きれいになりたい♡先生のようになりたい」とおっしゃってくださって、ピラティスプライベートレッスンを始められて早5か月。途中でお休みしつつもご自身を向き合うひと時となったようで、お休みあけには、なんと「インストラクターになります!養成コースに申し込みました!!」とのこと(驚)

元コギャルさんは、お子さんが2人いらっしゃるママですが、お子さんを幼稚園バスまで送った後、自転車でスタジオまでかけつけて来られ、インストラクター養成コース用テキスト片手に習ったエクササイズを一つずつ取り組んでいらっしゃいます。繰り返し動いていただくことで1回目より2回目、2回目より3回目と回数重ねる毎にご自身で感じられることが深まっていらっしゃるのがよくわかります。ご本人も、「わかった~!ちょっとメモ取ってよいですか?」と、一生懸命です。

いつもキレイにしていらっしゃるコギャルさんのしぐさや振る舞いはキレイで、いつもプリ尻でバタバタしている私にはとても良い刺激になります(笑)

また、二人とも、ある意味日本人離れした感覚があって、素直に伝えたつもりが変に勘違いされひがまれたりすることがよくあるので、同じ感覚の悩みを打ち明けたり、気心知れる仲になれ、本当にうれしく思います。

年明けのインストラクター養成コース試験も、周りの方々に振り回されず、ご自身のペースで身体を壊さないように、ご自身と向き合うことで、本当のピラティスがおわかりになっていただけるよう全力で応援させていただきます!!